バランスを考えるならまず順位付け

普段から忙しく働いている介護職たちは、私生活を充実させたいと考えています。しかし現実には、仕事が忙しくワークライフバランスを考える余裕がないのが現状です。

そもそも、どのようにすれば私生活と仕事とのバランスを取る事ができるのか、ノウハウを知る必要があります。介護福祉士がワークライフバランスを保つため手掛かりになるのが、仕事の優先順位の設定です。一日の行動の中で、何が大切であるのか順位付けを行います。目の前の課題をただこなすだけでは、時間がいくらあっても足りません。重要な課題を優先的にこなし、優先度の低い作業は後回しにする考え方がワークライフバランスを守るため役立ちます。

改めて優先順位を見定めてみると、業務の中にもそれほど重要でない作業があるのが分かります。優先度の低い課題は、省いて時間を確保することも可能です。これまで時間がなくて忙しいと感じていた人も、順位付けを意識して働くにつれて、プライベートの自由な時間が確保できます。要領の良い人は、すでに優先順位の大切さに気付き、仕事で活かしています。介護福祉士たちも、これからは重要な介護の作業とそうでない作業を分ける心がけるが肝心です。このように優先順位を意識した作業のこなし方は、介護福祉士の仕事だけでなく私生活でも有効です。毎日の家事も、大切な課題を優先的に処理するよう心掛けると、限られた時間の中で必要な作業が無理なくこなせます。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です