仕事をセーブする大切さ

仕事に集中できるのは良いことです。しかしながら、あまりに仕事に熱中してしまうと、私生活を犠牲にしがちです。責任を持って仕事をこなすのは良いとしても、自身の人生も謳歌してこそです。

介護の分野でも、非常に献身的に働く人の姿があります。しかし仕事で疲弊してしまい、脱落してしまうケースが後を絶ちません。ワークライフバランスを心掛けるのが大切でしょう。激務になりがちな介護福祉士の仕事であっても、ワークライフバランスを意識して仕事をセーブする心掛けは持っていなければなりません。
ワークライフバランスを見直すため、一日のスケジュールを振り返ってみるといいでしょう。毎日の生活と仕事の習慣を繰り返していると、それが当たり前のように捉えられます。しかし実際に毎日の時間の使い方を表にまとめてみると、ずいぶんと偏っているのが分かります。
例えば、あまりに仕事の割合が大きいなら、バランスを改めて見直す必要があります。仕事の割合が大きいなら、ある程度セーブして私生活のための時間に割り当てられます。忙しい介護福祉士の仕事では、どうしても長時間労働になりがちです。しかし働く者として、きちんと労働時間の管理を行うのも義務の一つです。
もし体の不調などを感じるようであれば、すぐに仕事と私生活のバランスについて見直しに取り掛かる必要があるでしょう。初めはこれまでの習慣を変えることに抵抗を感じるものの、それもまたしばらくすれば受け入れられるようになりますね。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です